退職代行はありえない?非常識・クズだと思われても仕方ない?みんなの意見を紹介

退職代行を使って会社を辞めたいと考えている人の中で、以下のような不安や悩みを抱えていませんか? 

退職代行を使うなんて、非常識かな・・・?
世間的に見たら、きっとクズな人間だと思われるんだろうな・・・

退職代行は、あなたの代わりに会社側へ退職意思を伝えてくれる便利なサービスです。
自分から辞める意思を会社側に伝える必要がないので、精神的負担が少ないのが大きなメリットです。

しかし、「そんなの非常識では?」「周りからクズって思われるのでは?」と思い悩む人も多いと思います。
ここでは、退職代行を利用することは違法行為なのか?非常識なのか?について解説し、最後に退職代行に対する世間の意見も紹介します。

退職代行の利用で悩んでいる人は、ぜひ最後まで目を通してください。

【結論】退職代行は違法ではないのだから、本人の気持ち次第

【結論】退職代行は違法ではないのだから、本人の気持ち次第

退職代行を利用するのは、法律違反なのでは?」と思い悩んでいるあなたは、安心してください。
退職代行を利用して会社を辞めることは、違法行為に該当しません! 

退職代行が法律に引っかかる可能性があるとすれば、それは弁護士法第72条です。
ここでは、「弁護士以外の者が報酬を得るのを目的として、第三者との訴訟や和解、交渉、請求行為などを行ってはいけませんよ」と定めています。

72

弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、異議申立て、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

(弁護士法第72条)
引用:https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=324AC1000000205

つまり、退職代行業者はあなたの代わりに、損害賠償や残業代などの請求、会社側との退職交渉、退職願の代筆などの行為を行うことができないのです。

ですが、退職代行は『あなたが退職したい旨を会社側に代行して伝えてくれる』サービスです。
あくまでも「会社への伝達役」となるだけなので、法律的には問題がないのです。

会社側と交渉できないと、こちらが不利なのでは・・・?

 と、そんな不安を抱えるあなたには、退職代行サービスの1つである「SARABA」がおすすめです。

SARABAは、労働組合が運営しています。
そして労働組合には団体交渉権があることが、労働組合法第6条で保障されています。

(交渉権限)

第六条 労働組合の代表者又は労働組合の委任を受けた者は、労働組合又は組合員のために使用者又はその団体と労働協約の締結その他の事項に関して交渉する権限を有する。

(労働組合法第6条)
引用:https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=324AC0000000174 

また団体交渉を申し込まれた会社側は、拒否することはできません

7条  

使用者は、次の各号に掲げる行為をしてはならない。

  1. 使用者が雇用する労働者の代表者と団体交渉をすることを正当な理由がなくて拒むこと。』
  2. (労働組合法第7条第2号)

引用:https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=324AC0000000174

 つまりSARABAなら、合法的に会社側と交渉できる権利があるので、とても安心な退職代行サービスなのですね。

後に退職代行に対する世間の意見を紹介しますが、その中には確かに

退職代行を使うなんてありえない!
自分で言えばいいだけなのに!

といった意見も目立ちます。
しかし、状況によっては自分の力だけで退職できないケースもあります。

  • 退職の意向を相談したいのに、それを察知してなのか、上司がこちらの話を全然聞いてくれなくなった。
  • 辞める意思を伝えたら、上司から辞めないように強く説得させられて、ますます辞めづらくなってしまった。
  • 会社の人たちから仕事を無理やり押し付けてきたり、わざと残業させてきたりと、「会社を辞めさせない」雰囲気を強く感じる。

このような状況に直面している場合は、迷わず第三者に依頼できる退職代行を活用することをおすすめします。
大事なのは、辞めたいと強く思うあなたのココロの本音です!

退職代行で会社を辞めるのは非常識?

退職代行で会社を辞めるのは非常識?

最終的に「退職代行で退職するかどうか」を決めるのは、自分自身です。
それでも、「突然辞めて引き継ぎなしだと、会社の人たちに迷惑かけちゃうし、非常識かな・・・」と思い悩んでしまう人もいると思います。

引き継ぎ行為をしなくても、労働者は会社を退職できる権利があります。
しかし、突然辞めることで同僚や上司に迷惑をかけてしまう事実はありますし、「退職代行なんて非常識だ!」と思われても仕方ないケースもあります。

最悪の場合、「引き継ぎのために出社してくれ」と持ちかけられてしまい、上手く退職できないケースも。
ですが、そのようなケースは「具体的な対策や行動を起こさずに辞めた場合」に限ります。

引き継ぎせずに退職する場合でも、具体的な行動や対策を行えば、リスクを最小限に抑えられます。
引き継ぎなしによる退職代行を利用するリスクや対処法などについては、以下の記事を参考にしてください。

退職代行で引き継ぎをしないで辞めるリスクと具体的な対処法5つ

「突然辞めるのは非常識だろうか」と悩む方は、退職代行を利用する前に、このような具体的な対策をとってみてくださいね。

退職代行に対する賛成派の意見

退職代行に対する賛成派の意見

退職代行を利用することに対する世間の意見も、気になるところですよね。
ここでは、退職代行に対する意見をTwitterで調べてみました。

 まずは、賛成派の意見を見てみましょう。

退職代行を活用して潔く早く辞めた方がいい、という意見

退職代行を活用して潔く早く辞めた方がいい、という意見

https://twitter.com/sakaeshoten/status/1316946084049096706

退職代行を活用して潔く早く辞めた方がいい、という意見2

https://twitter.com/Rin25358894/status/1316370699787792386

長く会社に居続けるほど退職しづらくなるものです。
そのまま嫌々ながら続けてしまえば、自分の時間も無駄となってしまいます。

こちらの意見にもあるように、退職代行を利用してさくっと辞めるのも、一つの方法です。
退職代行に依頼すれば、会社との接点もほとんどないので、退職のハードルも低くなります。

体調を崩す前に退職代行などで辞めたほうがいい、という意見

体調を崩す前に退職代行などで辞めたほうがいい、という意見

https://twitter.com/s8xXCUxLupQdO5k/status/1316713492724899840

体調を崩す前に退職代行などで辞めたほうがいい、という意見2

https://twitter.com/Shicksal99/status/1315402251846860800

体調を崩す前に退職代行などで辞めたほうがいい、という意見3

https://twitter.com/jinseizetsubo/status/1315250341533741057

 一番大事なのは、自分の身体や精神です。
仕事で体調を崩してしまい、「会社辞めたい、けど辞めづらい」と感じたら、迷いなく退職代行を活用していい、という意見が目立ちました。

脅してくる会社もあるので利用したほうがいい、という意見

脅してくる会社もあるので利用したほうがいい、という意見

https://twitter.com/yutachin1st/status/1212953232474923009

退職の意向を示したとき、会社側から脅されて引き止められる可能性も高いです。
その場合、退職代行を活用して潔く退職してしまいましょう!

その他賛成意見

その他賛成意見1

https://twitter.com/buradatsu/status/1315895721954996224

その他賛成意見2

https://twitter.com/Juntama_1992/status/1315814912459857920

その他賛成意見3

https://twitter.com/dc_7s/status/1315665247210938369

その他にも、退職代行をよしとする意見は多く見られました。
中には、実際に退職代行を利用して良かった、との意見も!

このように世間の意見は退職代行に関して寛容な意見が多いですので、周囲の目が気になる方も、どうぞ安心してくださいね。

退職代行に対する反対派の意見

退職代行に対する反対派の意見

賛成派の意見が多く見られましたが、中にはもちろん、反対派の意見もあります。
では、具体的な反対派の意見を以下で見てみましょう。

退職の意思を自分で口で言うべき、という意見

退職の意思を自分で口で言うべき、という意見

https://twitter.com/moco__ash/status/1316907765458239490

退職の意思を自分で口で言うべき、という意見2https://twitter.com/ao_sokitensyoku/status/1315548924002750464

反対派の意見では、「自分の口で言うべきだ!」といった内容が多く見られました。
自分で伝えずに代行業者を利用することは礼儀知らずだ、と思う人も少なくありません。

会社や同僚、上司などに恩があるのであれば、退職の意向を口で伝える手段も考慮したほうがベターでしょう。 

一方で、賛成派の意見にもあったように

会社でひどいパワハラを受けて限界
就業時間が長すぎて心身ともに持たない

などとギリギリの状況であれば、礼儀よりも自分の健康を優先して、退職代行を利用することを強くおすすめします!

突然辞めるのは非常識・甘え・迷惑だ、という意見

突然辞めるのは非常識・甘え・迷惑だ、という意見1

https://twitter.com/6uverxover/status/1316702586737618945

突然辞めるのは非常識・甘え・迷惑だ、という意見2

https://twitter.com/pks15716018/status/1217673715892117504

 退職代行を利用すれば、即日での退職も可能です。
ただし突然辞めることによって周囲に少なからず迷惑がかかるのも事実です。

なるべく迷惑のかからない形で辞めたいのであれば、辞める前にできること(荷物を片付ける、担当の仕事を仕上げておく、など)は最低限しておくといいですね。

まとめ

まとめ

繰り返しになりますが、退職代行は退職の意志をあなたの代わりに伝えてくれるサービスです。
そのため、違法行為に該当しませんので、安心してくださいね。

また、世間の意見も寛容なものが多いです。
とくに、仕事で精神がギリギリだけどどうしても退職の意思を言い出せない、という方はぜひ利用を前向きに検討してみてください!

記事中でも紹介した「SARABA」であれば、労働組合が運営しているため、会社側と交渉も可能です。
非弁行為に該当しないので、より円滑でスムーズな退職を行えます。

退職代行のSARABA(サラバ)を実際に利用した10人の体験談を掲載中!

LINEにて無料相談も実施していますので、まずは気軽に相談してみてはいかがでしょうか?

\ 依頼殺到中! /
SARABAに無料相談する
LINEまたはメールで無料相談が可能!

SARABAを利用した10人の体験談はこちら!