30歳 女性 会社員 広告業界【退職代行体験談】

退職代行を利用してみたいものの、いろいろと不安が出てきますよね。

退職代行でトラブルなく辞められるかな・・?
詐欺とか大丈夫かな・・?

当サイト「退職プロ」では、アンケートサイトを使い、実際に退職代行を利用して退職した方に質問をしてみました。
その結果をご紹介する「退職代行利用者インタビュー」シリーズの第27弾は、広告業界で会社員として勤務する30歳の女性の方です。

退職代行サービスを探す時間がないあなたへ

オススメの退職代行は、「業界最安値」で「失敗しない」SARABAです。
労働組合運営のため、トラブルのない円満な退職が可能。
また、24時間365日スタッフ待機しているため深夜や土日祝日でも、即対応してもらえます。
困難な状況の方にこそオススメしたい退職代行です。


SARABAに無料相談する
LINEまたはメールで無料相談が可能!

30歳 女性 会社員 広告業界の事例

30歳 女性 会社員 広告業界の事例

※写真はイメージです

退職の理由と退職代行サービスを使うことにした理由について

ーーあなたが、退職しようと思ったのはなぜですか?

定時は18時なのですが一度も帰れた試しがなく残業代が出れば別ですが、それもなく年収に見合わなかったためです。

ーー退職代行を使おうと思ったのはなぜですか?

人手も足りず自分がかかえていた案件も多く、退職を伝えても通る自信がなかったためです。
一刻も早く辞めたく、もう会社の人には誰とも会いたくなかったからです。

選んだ退職代行サービスと理由について

ーー選んだ退職代行サービスの名称を教えてください

SARABAです。

ーーなぜ、数ある退職代行サービスの中でも「SARABA」を選んだのか教えてください

ネットで調べていて一番名前を見る機会が多く、SARABAのツイッターを見て、
“自分がいないと会社がどうなってしまうのかなとか余計なことは考えなくていい、自分ひとりいなくなっても会社は回るから”
という文に背中を押されたからです。

退職代行サービスに依頼してからの流れについて

ーー退職代行業者に問い合わせをしてからはどのような流れで進んでいきましたか?なるべく具体的に教えてください

LINEで連絡をし、明日朝(月曜日)には実行をしてくれるということで朝ドキドキしながら連絡を待ちました。
私の出社は10時なのですが、9時には人事の担当者に退職の旨を伝えてくれたそうで、9:20頃にはSARABAの方から「会社に返却するものを郵便局で送ってください」との連絡がきて10時にはすべてを終えました。
会社からは荷物と持ち株会の書類が後日届くとの説明も受け、その日は出社せず家にいました。

ーー退職代行業社との無料相談では何をヒアリングされましたか?

会社概要代表者名や人事担当者名、自分の部署名、部署代表者名、電話番号や身分証明書を提示しました。あまりなぜ辞めたいのか深く聞かれはしなかったです。

退職成功してからやったこと

ーー退職が成功してから、あなたが行った作業は何がありましたか?

会社の人のLINEブロックをし、退職届、ノートパソコン、社員証、保険証を郵便局から送りました。
それから家に戻り次の転職先を調べてました。

ーー退職が完了するまでの時間や日数を教えてください

日曜の朝に連絡をし、決断が出来ず日曜の夜まで待ってもらいました。
夜まで気が変わらなかったので、もう一度連絡をし夜22時頃決済を完了しました。
翌日の9:20には退職完了のお知らせがきました。11時間程です。

ーー退職が決まってから、会社と何かトラブル等はありましたか? トラブルがあった場合はどのような内容なのか、その際に退職代行業社はどのような対応をしたのかも教えてください

まったく何もありませんでした。強いて言うのなら会社側から直接私と連絡を取りたいと言ってきたみたいですが、SARABAさんを通してやり取りをしたくらいです。

ーー利用した退職代行サービスに対してどのように感じましたか?

最初は本当にこれで退職できるのか?騙されないか?などいろいろな不安はありました。
でも3万円が安く感じるほどその時は辞めたい一心で藁にも縋る思いでした。利用してよかったです。

今後あまりお世話になりたくありませんが、家族や友人で仕事に悩んでる人がいたら是非勧めたいと思ってます。
「無理して嫌な思いをして体を壊すくらいならやめちゃえば?簡単に辞めれるよ!」と言いたいです。

退職してからの気持ちの変化

ーー退職できてからのあなたの気持ちに変化はありましたか?

日曜の夜から月曜の朝にかけて心配で眠れなく、朝8時頃も行く準備したほうがいいのかな、会いたくないな、退職出来なかったらどうしようという不安で体調が優れなかったのですが、退職できたとわかった瞬間、凄く元気になったのを覚えています。
金曜退社後から悩んでいたのがバカみたいでした。

インタビューに答えていただいた金融業の女性が利用したSARABAはこちら


SARABAに無料相談する
LINEまたはメールで無料相談が可能!