48歳 男性 契約・派遣社員 障害福祉施設で職業指導員の事例【退職代行体験談】

退職代行を利用してみたいものの、いろいろと不安が出てきますよね。

退職代行でトラブルなく辞められるかな・・?
詐欺とか大丈夫かな・・?

当サイト「退職プロ」では、アンケートサイトを使い、実際に退職代行を利用して退職した方に質問をしてみました。
その結果をご紹介する「退職代行利用者インタビュー」シリーズの第48弾は、障害福祉施設で職業指導員をしていた会社員 48歳の男性の方です。

退職代行サービスを探す時間がないあなたへ

オススメの退職代行は、「業界最安値」で「失敗しない」SARABAです。
労働組合運営のため、トラブルのない円満な退職が可能。
また、24時間365日スタッフ待機しているため深夜や土日祝日でも、即対応してもらえます。
困難な状況の方にこそオススメしたい退職代行です。

48歳 男性 契約・派遣社員 障害福祉施設で職業指導員の事例

48歳 男性 契約・派遣社員 障害福祉施設で職業指導員の事例【退職代行体験談】

※写真はイメージです

退職の理由と退職代行サービスを使うことにした理由について

ーーあなたが、退職しようと思ったのはなぜですか?

職務の幅が広くてひとつの仕事に集中できないため、心身の疲労が溜まっていました。また、業務内容がきついわりには給料も安く、その後の昇給も望めない状態でした。

このまま勤務を続けても、有益な部分が少ないと感じて退職を決意しました。

ーー退職代行を使おうと思ったのはなぜですか?

離職率が高いうえに、従業員が不足している状態でした。ある程度責任ある立場の仕事を任されていたので、仕事に穴を開けるのが嫌で言い出しにくかったから。

選んだ退職代行サービスと理由について

ーー選んだ退職代行サービスの名称を教えてください

SARABAです。

ーーなぜ、数ある退職代行サービスの中でも「SARABA」を選んだのか教えてください

ネット上で退職代行業者を調べると、365日即日対応とありました。料金も明確なものが記してあったので、安心感を持つことができました。

退職代行サービスに依頼してからの流れについて

ーー退職代行業者に問い合わせをしてからはどのような流れで進んでいきましたか?

料金や会社とのやり取りに関して、説明を受けた後に正式に依頼しました。その後は会社とのやり取りは一切なく、退職の意思を伝えてくれました。

やり取りの様子を電話で伝えてくれ、正式に退職が決まるまで仲介してくれました。

ーー退職代行業社との無料相談では何を相談しましたか?

会社と連絡を取ることが最も苦痛だったので、本当に接触がないか入念に確認しました。また、翌日から出勤する意思がなかったので、すぐに対応してくれるか確かめました。

退職に至るまでの全体的な流れを、教えてもらった後に依頼しました。

退職成功してからやったこと

ーー退職が成功してから、あなたが行った作業は何がありましたか?

制服や身分証など、会社から借りていたものを郵送で返却しました。その際に退職届も同封して、あらためて退職の意思を明らかにしました。

ーー退職が完了するまでの時間や日数を教えてください

会社と業者の間の話し合いで、依頼から10日後に退職が完了しました。その間は、有給扱いにしてもらえました。

ーー退職が決まってから、会社と何かトラブル等はありましたか? トラブルがあった場合はどのような内容なのか、その際に退職代行業社はどのような対応をしたのかも教えてください

業者に依頼してからは直接的な接触もなく、離職票も郵送されてきました。

ーー利用した退職代行サービスに対してどのように感じましたか?

こちらの気持ちを最優先に考えて、スピーディーな対応をしてくれました。料金もそれほど高額でないので、利用価値は高いと思います。

退職してからの気持ちの変化

ーー退職できてからのあなたの気持ちに変化はありましたか?

長い間悩んでいた気持ちが吹っ切れて、心身ともにスッキリしました。無職になってしまいましたが、新しいスタートを切ろうという気持ちが生まれました。

ーー退職代行の利用を検討している人に、アドバイスをお願いします!

退職の意思は、基本的には自分で伝えるのがルールです。しかし、職場環境や自分の置かれた状況によっては、どうしても言い出すことができないこともあります。

悩みが長引くと身体だけでなく、精神的にも悪影響を及ぼします。心の病を防ぐことを考えると、退職代行の利用は有意義なものです。

インタビューに答えていただいた、障害福祉施設で職業指導員として勤務していた男性が利用したSARABAはこちら


SARABA公式サイト
LINEまたはメールで無料相談が可能!